uhs

Unsung Heroes

ConsumerPreview

2 3月

Windows Developer Preview 端末に Windows 8 Consumer Previewをインストールする。

結果的には、上書きインストールを行いましたが、少し注意点があったので書いておきます。

外部メディアからの起動ができない?

SamsungのDeveloper Preview端末は、EFIで高速起動するマシンなのですが、外付けのDVD-ROMなどからインストールしようとしても、そもそもブート時に読みに行ってくれません。BIOS設定をする方法をいろいろ探しましたが、Samsunのヘルプに出ているように、Startボタン+電源ボタンで起動という方法では、修復セットアップになってしまい、起動デバイス順の変更などはできませんでした。

インストーラプログラムからアップデートするには20GBの空き容量が必要

これは仕様なのですが、インストーラが準備する領域のために20GBを確保する必要があります。上書きのアップデートの場合もこれだけ必要です。Developer PreviewはSSDで、容量は少な目なのでたくさんアプリを入れてしまった人はこの際リセットをかけてしまってもよいでしょう。

ユーザファイル以外のアプリケーションなどは引き継がれない。

従来のアップデートや電話のように、上書きのアップデートでアプリを引き継いだままインストールできるわけではなく、引き継がれるのはユーザデータ(ライブラリ内のデータ)のみです。インストーラを走らせると、互換性チェックで、ハードに加えてアプリケーションも見てくれるので、てっきりアプリも引き継がれると思っていたら、そんなことはなかったようです。

Developer Previewにあったアプリでなくなるものもある。

特に学生インターンが作ったゲーム群、Facebook、Twitterアプリがなくなるので、少しさびしい感じです。それよりも標準のアプリの方が有用であるため、あえて入れなくてもよかったのかもしれませんが、できれば復活させてほしいですね。

それにしても、Developer Previewに比べてかなり安定して動いているので、BUILDでもらったはいいが、寝かしている方も、ぜひこの機会にアップデートして、開発に使ってみましょう。

2 3月

ThinkPad X200 TabletにWindows 8 Consumer Previewを入れる

lenovo Think Pad X200 Tablet に、Windows 8 Consumer Previewをインストールしてみました。Windows 7にVHDドライブを作成してのデュアルブートインストールはスムーズで簡単でした。

Tablet PCをWindows 8 Slateとして使用するには、タブレットPC用のタッチパネルドライバが必要です。Windows Updateで提供されるとの情報もあったのですが、どうもUpdateの中には含まれませんでした。そこで、通常のWindows 7用ドライバを探してインストールしてみたものの、認識しなかったりして、うまくいきませんでした。どうやら、探してみると、X200用のMultiTouchドライバーは複数存在し、どれが適切に作動するのかはわかりませんでした。一応以下のうち1つだけ成功しました(どのドライバか定かではないです)。

また、ドライバーはインストールできたものの、Tablet PC用のドライバでは、メトロUIの利用時のコンテキストにあった動きをせず、あくまでマウス扱いになってしまうようです。X200はTransformerやYogaのようなアクロバティックな画面レイアウトを楽しめる筐体だけに、ぜひともWindows 8用のドライバを提供してもらいたいですね。

ThinkPad MultiTouch ドライバー (Windows 7) - ThinkPad X200 Tablet

バージョン:
Ver.3.0.B1 −ThinkPad MultiTouch ドライバー
3.0.0.4 (MultiTouch ドライバー)
−1.2.0.0 (Touch Panel ドライバー) (32 ビット)
−2.5.1.0 (Touch Panel ドライバー) (64 ビット)
−2.8.0.5 (Wacom Penabled Dual Touch)
−ThinkPad Enhanced Multitouch ドライバー
3.0.7.2 (Touch ドライバー)
−3.0.2.1 (WACOM Two Fingure Touch)

リリース日:
2010/03/16

ThinkPad マルチタッチ ドライバー (Windows XP/Vista/7) - ThinkPad T420s/W510/W520/X200 Tablet/X201 Tablet/X220 Tablet

バージョン:
Ver.7.0.2.19 (パッケージ)
Ver.1.4.3.2 (Virtual Touch ドライバー)
Ver.1.4.3.2 (Virtual Touch インターフェース)
Ver.2.9.2.4 (Wacom Virtual Hid ドライバー)
Ver.1.2.2.0 (Wacom マウス)

リリース日:
2011/04/28

MultiTouch ドライバー (Windows 7/Vista) - ThinkPad X200/X60 Tablet/X61 Tablet

バージョン 3.0.0.3

28 Dec 2009

1 3月

Windows 8 Consumer PreviewをVHD領域にインストール

いよいよリリースされた、Windows 8 Consumer Previewのイメージを早速、Lenovo ThinkPad X200というタブレットPCにインストールしました。

このPCは仕事で使うので、現状のWindows 7環境は汚したくありません。Windows 8 CPのインストール方法としては以下の2つが提供されています。

VHDブートを行うには、ISOイメージでブートして事前にVHD領域を確保する必要があるため、ISOイメージを作成します。

VHD領域の確保は以下のような方法を使いました:

Windows Developer Preview、VHDブートでプレビュー

Windows 8のISOブート後、初期画面でShift+F10でコンソールが現れるので、コマンドラインでVHD領域を作成するようです。この辺はGUIで何とかできるようにしてもらいたいですが、まあそうしょっちゅうやることでは無いので良しとしますか・。

VHDへのインストールは比較的早く終わり、リブート後は通常のパーティション分割をした場合と同様にブート画面で既存のWindows 7とWindows 8 Consumer Previewの選択ができるようになります。これはこれまでのコマンドライン形式ではなく、グラフィカルな選択画面が現れます。

また、起動時や壁紙で登場する金魚が気になるのですが、何か由来があるのでしょうか?

Windows-8-cp-1-003-800

Windows 8 Consumer Preview hands-on

1 3月

Metro親分、Windows 8 Consumer Preview 現る

バルセロナMWC 2012のWindows 8ベータ発表イベントにて、Windows8のConsumer Previewが発表されました。同時にダウンロードも開始され、すでに多くの方がWindows 8のメトロUIを体験されています。以下Vergeの記事より抜粋です。

Windows LiveはMicrosoftアカウントと改称され、SkyDriveを自由に使えるMetroアプリも搭載されたようです。

SkyDrive上のオフィスドキュメント。

アプリケーション群。FacebookやKindleなどメジャーなものも含まれます。Markeplaceはプレビュー期間中は無料だそうです。

Consumer Previewの特徴。Windows Store, クラウドへのアクセス、IE10,ハードウェア対応など。

CESで紹介されていたレノボのYogaスタイルのハイブリッドタブレット。

86インチタブレット!!!

Consumer Previewの配布。100,000の改良点があること、英語、ドイツ語、フランス語に加え、日本語、中国語がこのタイミングで配布、 Visual Studio 11 Betaが配布されることなど。次のマイルストーンはCeBITでのRCになる。

Follow us on
記事検索
Application
primaryImage Download-JP-Med
Night Meets Light

screenshot_99 Download-JP-Med
Weekend Overdrive

primaryImage Download-JP-Med
家政婦のMTA
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
Archives
楽天
  • ライブドアブログ