uhs

Unsung Heroes

Web Technology

10 9月

来週のbuild windowsカンファレンスで確認したいこと 3

 

開発関連

Visual Studioや.NETまわり

.NET関連

  • Silverlightのターゲットは? 〜 開発ターゲットとして、Windows Phoneは確実として、Windows 8でのHTML5との関係は? Xbox360でSilverlightは動くのか? ARM版のWIndows8でちゃんとSIlverlightが動くか?など。
  • HTML5+JavaScript と .NETの使い分けは? 〜 Windows8のタイルインターフェイス(特にスタート画面)はHTML5ベースになるという発表が行われて早1年、具体的にそれがどのレベルまで行われるのかがまだ見えてきません。Silverlightや.NETの存亡も危ぶまれるとうことで、Silverlihtはいずこへ?と思われた方も多いようですが、buildで決着がつくと思われます。
  • Windows Phone 7のアプリはWindows 8で動くのか? 〜 TechCrunchの記事のように、Metroインターフェイスだから動くかもしれないという予想や噂が出ていますが、動くとしたらどういう扱いか?Marketplaceを共有するほどシームレスか?開発者が対応すれば両方同じバイナリで対応できるのか?あるいは再コンパイルや画面サイズの手直しなどが必要か、はたまた、単にエミュレータが乗るだけか、まだ全く分からない状況です。
  • Expression BlendはHTML5/JavaScriptに対応するか? 〜 デザイナだけに使わせるには持ったいない、マジカルアプリデザインツール、Blendが使えるというだけで、他のプラットフォームはいらない、と思ってしまうほど評価しているのですが、これが来るべくHTML5ウェーブにものっかってくるのか、それとも別のツール(Expression Webとか)で従来のWebデザインの延長線上の発展なのか、気になります。VSでのHTML5はすでに行われているというので、こちらはそれほど変化なさそうです。
  • 従来型のWin32アプリケーションの扱いは? 〜 マルチウィンドウの生産性アプリなどを作ろうとすると、Win32の出番はまだまだ多そうなのですが、そのアプリケーションン開発はどの程度サポートしていくのか?
  • Silverlight5のNative Interfaceの用途は 〜 WP7とは違い、デスクトップ上のSilverlightでは昔からCOMインターフェイスなどを呼ぶことはできましたが、いよいよ本格的に触れるようになって、これまでのRIAの役目を超えた使い方が期待されます。たとえば、OS標準のプロセスモニタがSilverlightになるなど。
  • デスクトップ開発でのアプリケーションCertificationは? 〜 Windows Phone 7から始まったApp Store的アプリ検閲体制ですが、このモデルをデスクトップアプリのどのように持ち込むか?非常に管理された状態でそのまま持ち込むのか?ネイティブインターフェイス利用を許可した、かなり緩い体制で持ち込むのか、大いに気になるところです。
  • ARMターゲットのアプリをIntelマシン上で開発できるか? 〜 現在のバーチャルマシンはCPUの支援機構を大いに使っているので、他のCPUのエミュレーションとなるとガクっと速度が落ちそうですが、そんなことにならないでしょうか?ARMターゲットの開発はARMでということになると、非力なマシンでVisual STudioを動かすことになり、そもそも無理なんじゃないかと思いますが。

Server関連

Windows Server 8

  • Windows Home Serverの使い道は? 〜 Xbox360やWindows Phone 7との連携が期待されますが、メディア配信以外の使い道はあるのでしょうか?家庭内Lyncとか、Sharepointの簡易版とか、何か面白い使い方が眠っているような気がします。Windows 8タブレットとの連携も大変重要になってくると思います。特にテレビ関連。
  • 新しいWInFX的ファイルシステムとSQLServerの関連 〜 あまり把握していないですが、DB的なファイルシステムと従来のDBの関係はどうなるのでしょうか?Linqを使えばどちらも同じになるかもしれませんが、どの辺で使い分けをすればよいのか、トランザクションや容量などで差を持たせるのかもしれません。
  • Windows HPC Serverの方向性 〜 隠れたブームになりつつあるWHSですが、今年のMicrosoft Developer Forum 2011のキーノートで4本柱の一つになっていたので、本社でも相当押してくるんだと思います。Dryad Linqの発展や、他のマシン(MacとかLInuxとか)の取り込みなどについても聞いてみたいと思います。
  • Team Foundation Serverの方向性 〜 これも最近一気に廉価になり、VSS嫌いの人からも見直されている節のある製品ですが、よりモダンなコンテンツマネージメントやソース管理を取り込んでいくのか、nuGetなどライブラリパッケージングや新しいAppX配信パッケージのシステムを取り込んでいくと面白いと思うので、根ほり歯ほり聞いてみたいと思います。
25 6月

Silverlightはやっぱり死んでない(Windows8)

Silverlight isn't dead, it's the heart of Windows Phone, Windows 8 and Xbox | WinRumors
Microsoft previously revealed in November that it was planning to bring Silverlight to the Xbox as part of the next wave. The company has been suspiciously quiet about its Silverlight Xbox plans ever since. WinRumors has spoken to several company insiders who have confirmed that Microsoft is forking code from the Windows Phone 7 Silverlight stack directly into the Xbox dashboard.




SilverlightがHTML5によってRIA,ライトアプリケーションプラットフォームから引きずり降ろされるのではないか、というSilverlight/.NET系開発者の危惧は杞憂に終わったようです。
SilverlightをWindows Phone 7の主アプリケーションプラットフォームにし、その次のWindows8/Windows Phone 8ではもうやめてしまう、というのはあまり考えにくいですから、マイクロソフトの発表に振り回されただけのような気もします。

前回のE3でのXboxコンソールの新版ではApplicationというハブが用意され、これがどのようなプラットフォームで開発されるのかが気になりましたが、どうやらSilverlightということで良さそうです。
しかもXbox360ではWindows Phone 7のSilverlightスタックをそのまま乗せるという、移植性の高い構成になる噂もあります。



Microsoft threw its weight behind HTML5 in Windows 8 by revealing that its new Start Screen will be powered by HTML5 and JavaScript based web apps. Microsoft failed to mention Silverlight but this is an important part of the Windows 8 Start Screen. The software giant is readying a new application model codenamed “Jupiter” that will allow developers to create Silverlight based applications, deployed as AppX packages (.appx). The packages will be part of a new Windows application store, pre-installed with Windows 8. Windows Phone 7 applications will port across to AppX with little effort from developers.


HTML5で構成されるというWindows 8スタートスクリーンですが、アプリケーションの新パッケージングであるAppXについてはXAPの拡張のような形で、Silverlightがコアになる可能性が高いですが、すでにアプリケーションストアがAppXにより配布されるとなると、スタートスクリーンから起動されるアプリケーションはSilverlightベースという成り行きになります。
それとは別にAppXはHTML5でも開発できるとか、スタートスクリーン上のガジェットのみHTML5で開発できるとか、そういうことなのかもしれませんね。
22 5月

Silverlight大全キター!

Silverlight大全Silverlight大全
著者:大西 彰
販売元:ソフトバンククリエイティブ
(2011-05-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Silverlight 大全 特集ページ




Silverlight 大全は、日本マイクロソフトのエバンジェリスト 5 名で執筆した、Silverlight を知ることができる書籍です。Silverlight の概要はもちろん、Visual Studio や Expression Blend を使用した Silverlight アプリケーションの説明や、今まで情報が少なかった SketchFlow、ブラウザー外実行、ストリーミングなどもカバーしています。書籍と連動した Code Recipe も用意しているので、サンプル プログラムを試すこともできます。


Windows Phone 7に関する項目もあり、なかなか読みやすそうです。
22 5月

Windows のクラウドOS化とSilverlight

 

Windows 8とWindows Phone 8の話題をまとめて検証。

・Windows 8 はARMでも動く・Windows 8のARM版は従来型Windowsアプリは動かない(これはリコンパイルしても動かないという意味かどうかは不明)
・Tablet PCは、PhoneベースUIでなくFull WIndowsになる
・Windows 8 は従来型PCUIと、MetroベースタッチUIのImmersive browser UIを持つ
・PCUIとしてリボンメニューを搭載したものを考えている
・Silverlight5は本格的デスクトップ開発環境になりうるNative Interfaceを強化した
・SilverlightをXboxにも適用しようとしている
・SilverlightはMacもサポートする・Windows Phone 7世代ではFlashは出てきそうもない
・AppXというWindows PhoneとWindows共通のSilverlightベースアプリケーション実行環境が追加される

 これらはすべてうわさですが、つじつまが合うように解釈、推論すると以下のように思います。

・Windows Phone 8 はカーネルをWindows 8と共通化する(なので、Flashやブラウザ内SilverlightをWP7用にわざわざ開発しない)
・Windows Phone 8は、ARMで動きIBUIだけ
・Windows Pad 8(仮)は、Intel Atom,ARMで動き、IBUIメインだが、いざとなればPCUIで仕事もできる。
・Windows 8は、IntelでもARMでも動き、PCUIメインだが、ブラウズを使う程度ならIBUIで使える。
・IBUIはSilverlightベースのAppXをホストでき、ARM/Intel区別なく動く。実はMac、Xboxでも動く。
・AppXを用いる限り、RIAとデスクトップアプリ、モバイルアプリの区別がなくなる。
・開発者はすべてのプラットフォーム向けアプリを1つのパッケージで配布できる。

Google ChromeOSがブラウザをそのままOSにしてクラウドOS化してしまったのとは対照的に、Windows8では、クライアントアプリとWebの間にあるSilverlightというRIA環境をOS化しようとしています。 OS非依存、Webサーバ非依存の、まさに完全に中立な立場にあるSilverlightに資源を集中しようとしているのでしょうか?

ある種のOSやある種のWebサービスに依存したプラットフォームでは、アプリケーション開発者は様々な対応をしなくてはならないのですが、Silverlightを使う限りは、OSの種類やWebサービス側への対応と独立してアプリケーションロジックを構築しやすい環境を得るわけです。

Javaは優れたUXを提供できぬまま分裂してしまって、Flashはぜい弱なプログラミング環境を洗練化でききれずに、ガジェットどまりであって、HTML5にいたってはアニメーションがやっとトリックなくできるようになったような段階で、Silverlightでの開発が一番幸せっぽいです。


 Silverlight(シルハ゛ーライト)リファレンスフ゛ック基本編 (X・K BOOKS for developers)Silverlight(シルハ゛ーライト)リファレンスフ゛ック基本編 (X・K BOOKS for developers)
著者:南国ソフト
販売元:エクスナレッジ
(2010-03-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
22 5月

MicrosoftのSilverlight戦略

Silverlight in Microsoft products – Silverlight the new Windows runtime, HTML 5 the new Silverlight? 先ほどのBlogの人が書いています。
s Microsoft ditching Silverlight and embracing HTML 5? Or is Silverlight the future of desktop and browser-based development on Microsoft’s platform?
SilverlightはHTML5で置き換えられるか、それともSilverlightは新しいプラットフォームか、という昨年のPDC以降の話題をこの人なりに解釈されています。 現状、MIcrosoftの様々な最近出た新しいプロダクト、たとえばLync ServerやAzure、Intune、Windows ServerのコントロールパネルがSilverlightに置き換えられていることなど、デスクトップのUIレイヤーがSilverlightに全面的に移行するということも考えられなく無い。 一方Office 365など"broad reach"が必要なサービスではHTMLを推進するという構えであり、Silverlightは一部のみ利用している。iPhoneやiPadなどの対応を考えると、HTMLでの開発は意義がある。 一方Windows Serverの中とかMicrosoft製品で特に"broad reach"する意味が無いようなものはすべてSilverlightい一本化される。現在MacでのSilverlightはWindows版と同じアプリを起動できる。(ネイティブ実装を除き)
Silverlight is best platform for the web apps at the moment so I can’t understand what microsoft trying to do. I have to move one project to html after all this “HTML5 is the way to go” hype – it’s a disaster. All this HTML5 trash can’t be even compared to Silverlight.
この記事にコメントで、”Silverlightはげ上で最も優れたWebアプリケーションプラットフォームだ。だからMSが何をやろうとしているのか、よくわからない。私はあるプロジェクトをHTMLに移行させる必要があるのだけど、こいつはHTML5誇大広告のせいだ。これは災害だよ。このすべてのHTML5ゴミはSilverlightと比べることさえできないよ。"と本音を言っている開発者の方がいます。
Follow us on
記事検索
Application
primaryImage Download-JP-Med
Night Meets Light

screenshot_99 Download-JP-Med
Weekend Overdrive

primaryImage Download-JP-Med
家政婦のMTA
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
Archives
楽天
  • ライブドアブログ