本日 WIndows Phone Developer Summitにて、Windows Phone 8 および、Windows 7.8の発表が行われました。WP8の機能は事前発表やリークのそのままでしたが、どれも今までWP7ユーザが我慢してきた部分なので、そういう面でワクワクさせる要素を持った発表でした。

詳報は他に任せまして、要点だけ:

  • NTカーネルへの移行
  • ネイティブコードサポート(WinRTと同じC++, .NET, HTML5のコンビネーション環境)
  • 64コアまでのマルチコア対応
  • NFC & Walletサポート
  • 新しいスタート画面(1/4サイズのアイコン的タイルのサポート)
  • ゲームエンジンの移植(Havokなどすでに動いているものあり、Haloも発表)
  • 10万本のWP7アプリのサポート
  • 3つの画面解像度サポート(既存のアプリはどの解像度でもそのまま動く)
  • microSDの抜き差しサポート
  • 一般開発者への音声API提供
  • VoIPやVideoチャットのOSダイアラでのネイティブサポート(含Skype)
  • 既存の4倍速いJavaScriptエンジンを搭載したIE10ブラウザ
  • 既存のMapsより広い範囲のカバレッジを持つ Nokia MapsのWP8への統合
  • OSレベルのストレージ暗号化
  • ビジネス用のCompany Hub
  • 既存のWP7ユーザにWP8のスタート画面の機能の提供を行うWP7.8アップデート

もはや、Androidに引けを取らない全方位デバイスサポートと、さらなるUIの洗練、セキュリティの強化、そしてビジネスへの本気サポート、これまで足りないといわれていた部分がほぼすべて克服されました。

あと、IE10のように、地道なパフォーマンス改善も着々と進んでいるようです。iPhone 4SをiOS6にアップデートしてもWP8には大きく水をあけられています(ただしベータとの比較ですが)4コアを宝の持ち腐れにするAndroidとの比較もWP7時代から構図は変わらないようです。

キャプチャ

あまり意味は無いと思いますが、マーケットの反応は?と今日のMSのチャートを見ますと、イベント開始前から上昇し、一度下降、再度上げという形。今週は上げ基調のMS株ですが、ギリシャ情勢収束以上の盛り上がりを見せているようです。

chart

この発表の後もまだ疑問が残っています(聞き取れなかっただけかも)

  • WP8で採用される具体的なAPIは? WinRT?
  • WP7アプリが動くということはSilverlightスタックは乗っているのか?
  • WP8アプリはWP7で動かすことは可能か?新しいプログラミングモデルでWP7にもアプリを配信することは可能か?
  • XNAのサポートは無くなるのか?(おそらくアプリは動くはずなので、新規開発はネイティブへという形?)
  • Bing Mapsはどうなるのか?
  • 既存のすべてのWP7端末はWP8へはアップグレード不可なのか?それとも一部は可能か?
  • Windows 8のARMコアと同様のドライバが利用可能というのはわかるが、Intel版と同じドライバというのはありうるのか?(ドライバというのがどのくらい抽象化されているのか知らずに言ってます)
  • WP8で搭載されるというデスクトップ版と同じ.NETフレームワークは本当に同じものか?WPFとかも乗るのか?
  • 何も触れられてなかったけど、Windows 8のIE10に統合されるFlashエンジンはWP8にも載るのか?

はっきりしない点が多いので、今後もWIndows Phone 8関連ニュースからは目が離せませんね。