少しBlogはお休み中でしたが、今日の発表はインパクトがありましたので、雑感を書きます〜

2012/6/18にMicrosoftが"Major Announcement"を行うという情報だけが行きかい、様々な憶測が流れていましたが、結果的にはそれらの憶測はあたっていたようで、いい意味で裏切られた感がありました。

Microsoft Surfaceです。といっても昨年新版が出たテーブルトップコンピュータではなくて、”ど”メインストリームのタブレット端末です。電子ブックリーダーでも、ゲーム専用機でもなく、”ど”真ん中のPCです。
これをMicrosoftが自社ブランドで自信を持って出すというのですから、これはインパクトがあります。
Steve Balmerのこぶしも気合が入っていますね:

速報:マイクロソフト Surface タブレット発表

次の写真へ


昨年のbuildカンファレンスで、開発者に配られたSamsung製のWindows 8タブレット(Devloper Preview)をほうふつとさせる黒いシンプルなタブレットです。MSブランドとなると、史上初、PCをMicrosoft自信が提供するというので、これは完全にエポックです。

しかも名称が同社の多点マルチタッチのテーブルトップコンピュータのブランドである、"Surface"を惜しげもなく使い、勝負に来た感があります。旧Surfaceとは別ブランド扱いですが、先進性を表現するブランドとしては、かなり良い選択であったと思います。

Windows on ArmであるWindows RT版と、フルPCである、Intel Core iシリーズ版が選択できるのもライトユーザからヘビーユーザまでに受け入れられそうです。

気になるスペックですが、随所にMicrosoftならではの先進的な工夫が見られます。



(Engadget 日本より)
○ Microsoft Surface for Windows RT

・10.6型 フルHDディスプレイ
・NVIDIA製 ARMプロセッサ(Tegra?)
・32GB または 64GB ストレージ
・microSDスロット
・USB 2.0ポート
・HDMI出力
・画面はコーニング ゴリラガラス2。
・デュアル 2x2 MIMO WiFiアンテナ。
・厚さ9.3mm、重さ576g。
・背面に厚さ0.7mmの展開式スタンド。
・厚さ3mmのTouch Cover は、磁石で側面に貼りつくヒンジ付き画面カバー兼、マルチタッチのフルキーボード + タッチパッドとして機能する。
・またストローク 1.5mmの実キーボードつきカバー Type Cover も用意。
・for Windows RT版の価格はARMベースのほかのタブレットと同程度の予定。発売はWindows 8と同時。

○ Microsoft Surface for Windows 8 Pro
・Ivy Bridge プロセッサ
・ペン入力とデジタルインク対応
・64GB と128GB。価格は同スペックのUltrabook程度

特徴的にはNokia Lumia 800のようなゴリラガラス搭載、ギミック満載のキーボード内蔵カバー、ノートブック的に利用する時に必要なスタンド。

Image


ピンク色のSurfaceカラーは健在のようで、良い部分を継承しているようですね。

ここまで洗練された端末をOEMメーカーから出るのを待っていては、いけないという判断か、リファレンス機を参考に作ってほしいという願いか(これより劣る製品は市場では受け入れられんぞとか)、少なくともAppleのような垂直統合型モデルへ移行しようとする、”はずがない”ので、MSが直接製品を出すことのデメリットは、軽微なものでしょう。
それ以前にWindows RTはOEMメーカへの厳しい仕様要求をして、密に連携しているはずだから、問題は起こらないと思われます。

今後は、以下のような点をウォッチしたいですね:
・日本市場にも出るのか
・MS Storeだけじゃなく、通常のリテールでも売るのか?(ビックカメラとか)
・Surface独特のソフトウェアはあるのか?
・Surfaceブランドは今後も増えていくのか?(デスクトップ版とか)
・Windows Phoneとの関係は?