円高差益万歳ということで、これが最後のチャンスかもと自己暗示にかけ、Zune HDを購入しました。Best Buyアナハイム店で32GBゴールドが 198ドル。(帰りの飛行機の待ち時間にLAXの待合室で撮りました。)

外箱のサイズはiPodなどと同様のサイズ。裏側には以下のようなテキストが描かれています。これもある意味メトロインターフェイス。

DSC03818

箱を開けるといきなり本体が出てきます。このシルバーが格好良いんですよね。

DSC03819

箱は帽子のようにかぶせるタイプになっています。

DSC03820

中底にもテキストが書かれています。

DSC03821

ケーブル類をまとめた箱と、Zune Passが出てきました。

DSC03822

付属品をまとめた箱の中は以下のような感じ。オレンジのイヤーピースが印象的でした。

DSC03823

Cautionが書かれたスクリーン保護シートが付きます。

DSC03824

充電を始めると以下のようなアイコンが登場します。

DSC03825

起動するとすぐにスタート画面へ飛びました。DSC03826

ケーブルにつなぐと、Connectedと出ます。DSC03827

Developer Preview PCにZune Softwareを入れて接続しましたが、アップデートが必要なようでした。

DSC03829DSC03830

各種画面。

DSC03831DSC03832DSC03833DSC03834

Zuneマークが出て立ち上がるところ。

DSC03840

このシルバーゴールドの筐体の何とも言えない高級感が他の端末には無い味を醸し出しています。これだけでも価値があると思うのですが、中身のソフトウェアも言わずもがな、他に類を見ないインターフェイスです。

メトロインターフェイス発祥の端末と考えると、これはコレクションに入るべきものだと思います。

Windows Phone 7ユーザも、Microsoft純正デバイスということで、一味違った感覚を受けると思いますので、是非どうぞ。