Silverlight isn't dead, it's the heart of Windows Phone, Windows 8 and Xbox | WinRumors
Microsoft previously revealed in November that it was planning to bring Silverlight to the Xbox as part of the next wave. The company has been suspiciously quiet about its Silverlight Xbox plans ever since. WinRumors has spoken to several company insiders who have confirmed that Microsoft is forking code from the Windows Phone 7 Silverlight stack directly into the Xbox dashboard.




SilverlightがHTML5によってRIA,ライトアプリケーションプラットフォームから引きずり降ろされるのではないか、というSilverlight/.NET系開発者の危惧は杞憂に終わったようです。
SilverlightをWindows Phone 7の主アプリケーションプラットフォームにし、その次のWindows8/Windows Phone 8ではもうやめてしまう、というのはあまり考えにくいですから、マイクロソフトの発表に振り回されただけのような気もします。

前回のE3でのXboxコンソールの新版ではApplicationというハブが用意され、これがどのようなプラットフォームで開発されるのかが気になりましたが、どうやらSilverlightということで良さそうです。
しかもXbox360ではWindows Phone 7のSilverlightスタックをそのまま乗せるという、移植性の高い構成になる噂もあります。



Microsoft threw its weight behind HTML5 in Windows 8 by revealing that its new Start Screen will be powered by HTML5 and JavaScript based web apps. Microsoft failed to mention Silverlight but this is an important part of the Windows 8 Start Screen. The software giant is readying a new application model codenamed “Jupiter” that will allow developers to create Silverlight based applications, deployed as AppX packages (.appx). The packages will be part of a new Windows application store, pre-installed with Windows 8. Windows Phone 7 applications will port across to AppX with little effort from developers.


HTML5で構成されるというWindows 8スタートスクリーンですが、アプリケーションの新パッケージングであるAppXについてはXAPの拡張のような形で、Silverlightがコアになる可能性が高いですが、すでにアプリケーションストアがAppXにより配布されるとなると、スタートスクリーンから起動されるアプリケーションはSilverlightベースという成り行きになります。
それとは別にAppXはHTML5でも開発できるとか、スタートスクリーン上のガジェットのみHTML5で開発できるとか、そういうことなのかもしれませんね。