Microsoft reveals Xbox LIVE will be built into Windows 8 | WinRumors
Live has been successful on the Windows Phone. Live will be built into the PC. It will be the service where you get your entertainment. We were talking about it — you will not just see consoles and handhelds at this show next year, this show’s going to morph into other devices.




Windows 7にはすでにGame フォルダがあり、ゲームアプリだけは特別にランチャーが用意されていますし、WebベースでXbox Liveを試すことはできますから、それらを合わせて統合されるのは自然な成り行きですが、Xbox LiveサービスがWindows 8シェルに統合されるとすれば、そのMetroタイプUIと相まって、以下のような進展が予想されます。

・Xbox Live アバターやゲームタグのWindowsアカウントへの統合。
 これはWindows Liveアカウントベースで統合されてはいますが、例えば、ログインパネルにXboxアバターを登場させたりとか、効果的なシナジーが予想されます。



・KinectのWIndows8ユーザーいたーフェイスへの統合
 そもそもMetroインターフェイスはKinectで使うのにちょうどよいサイズのインターフェイスであり、Windows 8に統合されるのは、ほぼ自明とも言っていいでしょう。MS謹製のKinect SDK for Windowsも出てきたわけで、デスクトップに向かってMinority Report的な操作をしたいという層にとっては、キラーとなるでしょう。



・Windows 8へのZune の統合
 現在は独立したアプリとなっており、WIndows Media Playerとの役割分担が微妙ですが、Windows 8ではZuneを主たるメディア体験環境としてくるのも、やはりXbox,Windows Phone 7の統合の様子を見れば自明でしょう。Xbox Live, Zuneをエンターテイメントサービス/テクノロジーの一大拠点とすることで、さらにメディア配信やエンターテイメントソーシャルサービスに発展させたいと思っているのでしょうか?