ファーウェイもWindows Phone OS搭載端末の投入を検討 - 来年に製品発売も - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)
ファーウェイのビクター・シュー(Victor Xu)氏によれば、同社は現在「Windows Phone 7」OSに関して、市場の展開具合を見守っている状態だが、すでにマイクロソフトとは話し合いを行っており、おそらく2012年には同OS搭載のスマートフォンを投入する可能性があるという。


このニュースで、テザリング可能?、と思ったのは日本のユーザだけかもしれないけど、メインストリームでない、面白い端末を出しているHuaweiからWindows Phone 7が出てくればすそ野が広がりますね。

huawei7


中国のZTEが同OS搭載端末を新たにリリースする予定であることが明らかにされていた。ファーウェイとZTEとは、自国内や世界の、主に低価格帯の携帯電話機市場で競合関係にあることから、ZTEにつづいてファーウェイもWindows Phone端末を投入することになれば、低価格帯市場で同OSを搭載するスマートフォンの普及が進む可能性がある。


マンゴーで中国語がサポートされますし、中国市場に強いNokiaが攻勢をかけてくるのを受けて立つ構えなのでしょう。低価格端末でフィーチャーフォンユーザの取り込みが進むと面白いでしょう。アンドロイドはライトユーザ向けには厳しいですから。

以下はHuaweiの端末に移植された(?)Windows Phone 7。(画面が切れているのでおそらくRDP)