Silverlight in Microsoft products – Silverlight the new Windows runtime, HTML 5 the new Silverlight? 先ほどのBlogの人が書いています。
s Microsoft ditching Silverlight and embracing HTML 5? Or is Silverlight the future of desktop and browser-based development on Microsoft’s platform?
SilverlightはHTML5で置き換えられるか、それともSilverlightは新しいプラットフォームか、という昨年のPDC以降の話題をこの人なりに解釈されています。 現状、MIcrosoftの様々な最近出た新しいプロダクト、たとえばLync ServerやAzure、Intune、Windows ServerのコントロールパネルがSilverlightに置き換えられていることなど、デスクトップのUIレイヤーがSilverlightに全面的に移行するということも考えられなく無い。 一方Office 365など"broad reach"が必要なサービスではHTMLを推進するという構えであり、Silverlightは一部のみ利用している。iPhoneやiPadなどの対応を考えると、HTMLでの開発は意義がある。 一方Windows Serverの中とかMicrosoft製品で特に"broad reach"する意味が無いようなものはすべてSilverlightい一本化される。現在MacでのSilverlightはWindows版と同じアプリを起動できる。(ネイティブ実装を除き)
Silverlight is best platform for the web apps at the moment so I can’t understand what microsoft trying to do. I have to move one project to html after all this “HTML5 is the way to go” hype – it’s a disaster. All this HTML5 trash can’t be even compared to Silverlight.
この記事にコメントで、”Silverlightはげ上で最も優れたWebアプリケーションプラットフォームだ。だからMSが何をやろうとしているのか、よくわからない。私はあるプロジェクトをHTMLに移行させる必要があるのだけど、こいつはHTML5誇大広告のせいだ。これは災害だよ。このすべてのHTML5ゴミはSilverlightと比べることさえできないよ。"と本音を言っている開発者の方がいます。