あまりこのような比較を見たことがなかったので、少し整理してみた。Apple,Googleの開発環境はあまりよくわかっていないので、違えっていたら教えてください。

キャプチャ


プラットフォームというと定義がまちまちになるので、普通のプログラマが使うであろう、UIレイヤを含むAPIを指すことにしています。それでも、Cocoaがどこまでを含んでいるのか、AndroidのDalvik拡張はどの部分を言うのか、ChromeOSの開発環境はHTML+JavaScriptで完結するのか、Google App EngineはJavaScript,Java,Pythonのどれが主流なのか、はたまた、Windows Embedded Compact 7とWindows Embedded Standard 7が共存しているのをどうあらわすのか、よくわからない点が多いです。

それぞれのAPIやプラットフォームの優劣を無視して互換性だけでみると、組み込み〜クラウドまで同一のプラットフォーム(といってもUIレイヤに近いところだけだけど)で統一できるのはMicrosoft製品だけ、ということになります。

Windows 7/Windows Phone7が、Windows 8/Windows Phone 8になるころには、統合されるという噂も、これまでの経緯を考えるとあり得ない話では無いと思われます。OSのカーネルが違うものを、同じOSかのように言うのはすでにWindows Embedded Compact 7/ Standard 7でやっていますから、単にブランディングだけなのかもしれませんが、少なくとも一般ユーザが違いを意識しなくて良いならば、同じOSといってもよいでしょう。

AppleもMacOSにiPhone/iPadのエッセンスを逆輸入しようとしているし、GoogleもAndroid(2.xと3.xの融合や、Google TV)とChrome OSを融合(あるいはChromeを捨てる)ことを考えているようで、この方向性は必然的なものなのでしょう。